他職種連携

多職種連携について真剣に考えてみます。

日本は世界でも類をみない高齢社会です。
これは多くの方が既にご存知のことと思います。
がん患者も今後どんどん増え、いまでは2人に1人ががんになるそうです。

さらに高齢社会でありながら家族体系も変化をきたし、1人もしくは高齢者世帯があり、なんらかの持病を抱えているのが現状です。

がん患者を地域でいかに支援していくか、これが今後の医療のテーマではないでしょうか。

がん患者がいて、医療を行うのは医師というのが多くの一般の方がいだくイメージでしょう。

しかし、医師1人では医療は成り立ちません。

看護師の役割も大切ですが、看護師や医師だけではできないことがたくさんあります。

例えば、化学療法を行うとしましょう。

医師が注射の指示を出します。

その処方が正しいのかチェックするために薬剤師がいて、薬剤師が調剤します。

抗がん剤を受けることで口腔内に異常を生じないように歯科衛生士や歯科医の介入も必要です。

医療費についてはソーシャルワーカーの介入により高額医療について説明する必要があります。

がん患者にリハビリを行うといいとされるエビデンスもありますし、その場合は理学療法士の介入も大切です。

気持ちが落ち込み、うつ状態を呈せば臨床心理士の介入も欠かせません。

ざっと考えただけでこれだけの職種が関わりますが、私の持論ですが、医療関係者だけではいけないとも思います。

若年の患者であればアピアランスケアが必要ですし、そのためには美容師やネイリストも知識や技術の提供が求められます。

患者の背景によっては地域のボランティアの介入もあっていいのではないでしょうか?

あっ、そうそう!

忘れてはいけないのが栄養士でした。

食べれないときの対処法やメニューの提案も求められるニーズです。

いよいよターミナルで霊的に苦悩しているのであれば牧師なんかも必要でしょう。

地域のキリスト教の集会に参加してみようとさえ思います。

色んな人が集まりことで新しいなにかが生まれると思うんです。

声を発することで初めて気づいてもらえることも多いので困ってることはやはり誰かに言ってみようと思います。

言わなければ思ってないのと同じじゃないですか。

考えて行動して、それでダメなら別の方法を考えればいいけど、それは思いを伝えるからできることです。

思うだけなら誰でもできます。

そこで一歩行動を起こせるか起こさないかが私の働いている病院の課題なんだと思います。

胃部不快があった年末年始

お腹すいたなぁ。

少し前まで逆流性食道炎の症状みたいな胸焼けや胃の酸っぱい感じがあったのにいつの間にか消えてる。

パリエットを毎朝飲んでた甲斐だろうか?
なんにせよやはり健康を害すると、健康のありがたみを実感することができる。

虫歯もそうだよね。

歯が痛いときは痛くなかった時のありがたさを身に染みて実感するし、歯磨きを誓うのに当たり前のように歯が痛くなくなると歯磨きしなくなる。

ともかく、健康はやっぱり大事だからしっかりケアしようっと。

それに昨日は遠出してイルミネーションを見に行って調子にのってハメを外しすぎて食べ過ぎたのも否めない。

関東三大イルミネーションってだけあって綺麗だったなぁ。

ちなみに関東三大イルミネーションは

栃木県の足利フラワーパーク、千葉県の東京ドイツ村、神奈川県の江ノ島がそれに該当するらしい。

どこも2時間かからない距離に住んでるからいっそ全部見てみようかな。

イルミネーションを待つ時間は寒くて寒くて仕方がないぐらい辛かったんだけど、いざ点灯されると寒いのも忘れてたよ。

せっかくだから冬らしいことしないとね。

クリスマスは夜勤だったし、年末年始はプレゼント買ったり出かけたりするから出費が多いよねぇ。

自分へのご褒美って意味だったりでなんだかんだ浪費してるけどね。

今年もなんだかんだあと少しだし、年末年始は外泊できそうな患者さんには外泊を進められるように日程を調整した。

緩和ケアを勉強した時にある本に書いてあったな。

がん患者は入院することで一度死ぬんだって

死ぬって言うのは肉体的な意味でなくて、身体、精神、社会の視点からみると入院することで社会的な役割が果たせなくなってしまって社会的に死んでしまうんだって。

そして、いままでできてたことができなくなってしまうことで精神的に落ち込んで、人によっては鬱になったりして精神的にも死んでしまうそうだ。

そして最期には肉体も死んでしまうことになるから三回は死んでしまう。

それならばそうならないように働きかける必要があるわけで、外泊や外出をして社会とのつながりを取り戻して欲しいじゃん。

なにもすることがなくて病院でただ、寝て起きて、食べてってそれの繰り返しじゃ辛いよね。

面会に頻繁にくる家族もいれば連絡しなきゃこない家族、連絡してもこない家族、家族の形は本当に色々だよ。

自分が将来高齢者になったときは家族は面会に来てくれるのかな?来てくれたらいいなって心底思う。

訪問入浴バイトで鬱を克服した看護師です

私は専門学校を卒業して大学病院に就職しました。
ガン看護をしたくて入職しましたが希望の科に配属されることはなく、一番苦手分野の科に配属。
苦手分野であれど、克服しようと、休日は必死で勉強し、働きました。
私の配属された科は、前年度の師長さんがうつ病になって辞めたほどの激務。
他の先輩スタッフも、抗不安薬や睡眠薬を常用するほどのストレスのある職場でした。
さらには、副師長をされている人が、患者の悪口を言ったり、職員同士の連絡事項の伝達もあからさまに無視したり…このような上司の元で私は看護師としてやっていける自信がなくなりました。私と同時期に配属されたもう一人の同期が男性ナースだったので、あからさまに男性ナースがもてはやされ、私の居場所はなくなっていきました。
転職も頭をよぎりましたが、新卒の新人ナースが転職となるとシビアだろうな・・・と、思いきれず、辛い日々でした。
脳外科勤務だったので急性期病棟で、日々重篤な患者さんや術後患者のケアに追われ、痴呆の患者さんはナースコールを連打。
3時間おきの導尿、オムツ変え、リハ送り、保清、入退院患者の準備と対応、その間に30分ごとにオーダーのでている点滴の更新。
病棟スタッフは常に人員が足りていない状態。クスリのダブルチェックをしたくても、他のスタッフは居ないような状況のため、ミスの嵐。
自分の受け持ちからのナースコールに出ない先輩たち。
電子カルテですが、病棟のPCは限られており、勤務時間後先輩たちが記録が終わった後まで記録も始められない。
先輩たちが帰った後の記録とサマリー作成。その間にもナースコールが響き渡り、それにまた対応。
準夜勤がおわるのは3時ごろ、自宅に帰りシャワーを浴び、1?2時間仮眠をとり、6時におきて8時からの日勤前の情報収集と先輩たちの業務の準備をしておくために7時から出勤、日勤がおわるのが20時頃、自宅へ帰り、また23時には家を出る。
そのような生活を送っていて、そのうちに病棟で患者さんと接する事やナースコールがなる音に、過剰なまでの苛立ちを感じるようになっていました。
新人だから弱音が吐けない辛さ、過労、激務、睡眠不足・・・
結果、鬱状態と不眠に陥り、職場にありをむけることすらできなくなりました。
3ヶ月休職、その後かなり迷いましたが、退職しました。
家が裕福な方ではなかったので、退職後も働かねばならず訪問入浴のバイトをしながら過ごしました。
訪問入浴バイトは探すのも簡単でそれなりに稼げたので良かったと思っています。
それに訪問入浴バイトをしているうちに看護の原点のようなものを感じ、また働きたいと徐々に思うようになっていきました。
それからすぐ、また別の医療施設に転職しましたが、一気にストレスがなくなり、体調も改善しました。
迷っている時、もっと早く転職すれば、体調を崩すほど辛い思いを済まずに済んだのになと思います。
働く場所は1箇所ではないのだということ、自分にあう職場は必ずどこかにあるということを、苦し見ながら働いてる看護師に気づいてもらいたいなと思います。